ラーニングを探す
TOP > 分野 > システム開発・プロジェクト管理 > お客様目線のシステム開発
お客様目線のシステム開発
進捗率:0%
コースコード
講師
ML022
視聴期間
ポイント
無制限
100pt
標準学習時間
 
44分
コース概要
苦労して受注し、開発したシステムが、後になって「使えないシステム」と言われないためにどうすればいいのでしょう?本講座では、まず「お客様」の定義を明確にします。そして、「お客様目線」で、システム開発の目的を考えることをお伝えします。目の前にいる発注側企業の人がお客様とは限りませんし、言うことすべてがお客様のニーズではありません。この講座を学ぶことで、むやみにお客様に振り回されずに済むようになります。
講師紹介
高島 徹
1986年パナソニック入社、松下幸之助の直轄部隊として28年間で85個のプロジェクトに参画し、多様な人々をマネジメントする。
2014年株式会社決断力を設立。
知識が現場で使える わかりやすい話し方を心がけています。
メッセージ
お客様は、システム開発に対してどのようなことを期待しているのか?私は発注者側として、数多くのITプロジェクトに携わり、コンサルタントやITベンダーの選定に関わってまいりました。この経験をあなたにお伝えすることで、関係者全員が幸せになれるITプロジェクトが増えることを願っております。
カリキュラム

1章

ML022-01 はじめに

お客様目線のシステム開発
視聴時間:1分32秒

2章

ML022-02 第一章:「使えないシステム」撲滅のために

「使えないシステム」撲滅のために
視聴時間:3分25秒

3章

ML022-03 第二章:「ありたい姿」を考える

「ありたい姿」を考える
視聴時間:5分13秒

4章

ML022-04 第三章:システム開発の「目的」とは

システム開発の「目的」とは
視聴時間:8分6秒

5章

ML022-05 第四章:部門間対立の全体像

部門間対立の全体像
視聴時間:9分52秒

6章

ML022-06 第五章:経営者視点のシステム導入

経営者視点のシステム導入
視聴時間:12分47秒

7章

ML022-07 まとめ

まとめ
視聴時間:2分59秒
コメント