ラーニングを探す
TOP > 分野 > IT最新 > これから始めるゼロ トラスト セキュリティー応用編
これから始めるゼロ トラスト セキュリティー応用編
進捗率:0%
コースコード
講師
ML314
視聴期間
ポイント
無制限
100pt
標準学習時間
 
68分
コース概要
リモートワークが加速するようになり、ゼロ トラスト というキーワードもより多様化しているように思われます。
そんな中、本質から外れたゼロトラストの考え方も散見されるようになり、今一度ゼロトラストとは何なのか?を理解して頂きたく本コースでお話させて頂いております。
講師紹介
小町 紘之
日本マイクロソフトにてセキュリティを担当。
またCISSP 保持者として、陸上自衛隊 予備自衛官 にも任官。
企業セキュリティから国防まで広くセキュリティを担当しています。
メッセージ
前回は、概要や考え方から入る入門編をお話させていただきましたが、今回は一歩踏み込んだ話をさせて頂いております。
若干、前回に比べて複雑なアーキテクチャのお話も含まれていますが、前回のセッションを見ていただければどなたでもご理解いただける内容となっております。
カリキュラム

1章

ML314-01 はじめに

コースの概要と「ゼロトラスト」という考え方が出てきた背景をお話しします
視聴時間:6分4秒

2章

ML314-02 なぜゼロトラストの議論が生まれたか

複雑化する攻撃方法を紹介します
視聴時間:4分12秒

3章

ML314-03 ゼロトラストの歴史

ゼロトラストの歴史を解説します
視聴時間:5分35秒

4章

ML314-04 ゼロトラスト・アーキテクチャー

ゼロトラスト・アーキテクチャーの定義と6つの原則を解説します
視聴時間:7分14秒

5章

ML314-05 アクセス制御のステップ

アクセス制御の3ステップを解説します
視聴時間:9分24秒

6章

ML314-06 ゼロトラストへの優先順位

IDベースの境界とネットワーク境界の構築手順を解説します
視聴時間:7分46秒

7章

ML314-07 マイクロソフトのソリューション

マイクロソフトのソリューションで、危険の間力回復までを解説します
視聴時間:7分35秒

8章

ML314-08 サイバーセキュリティフレームワーク

サイバーセキュリティフレームワークの進化について解説します
視聴時間:10分29秒

9章

ML314-09 サイバーセキュリティフレームワークとマイクロソフトのアプローチ


脅威の検知から復旧までをデモで見てみましょう
視聴時間:9分44秒

コース担当講師の他のコース

コメント